足場の世界から
ホーム > 足場の世界から > > 【施行事例】高層特殊足場(支保工組立)  前編
2019.8.9
仕事紹介

【施行事例】高層特殊足場(支保工組立)  前編

[解説]
支保工とは、通常の足場と違い上からの荷重を受けてサポートする構造です。また、高さが3.5m以上あるので、設置届も必要となります。
今回は約10mの高さにある屋根受け梁をサポートする構造です。

[立面図]

内部構造


【最下段】 組立状況
(部屋の中央部から見ている)


【最上段ステージ部】 銅製足場板敷詰状況
(部屋の床から上方を見てる)


部屋の角から見た全体像
                                


【最上段ステージ部】 銅製足場板敷詰状況
(ステージに立って角から見てる)
                                



【別室】 支保工組立完了状況
                                


←足場の世界からトップに戻る
関連記事
  • 2016.5.6

    足場職人とは? 大久保恒産における職人とは、「足場職人」を指します。足場職人とは、数少ない『モノづくり』と『スポー...

  • 大久保恒産の番頭小池忠彦さん紹介記事における解体中の笑顔
    2016.2.18

    今回紹介するのは、大久保恒産で「番頭(ばんとう)」と呼ばれる仕事です。 番頭とは、足場の施工を行う職人でもなく、本社に...

  • 2016.4.4

    ここでは、大久保恒産で過去に施工した足場の施工事例を紹介したいと思います。 施工事例 【現場】松屋工場 【...


PAGE
TOP